TOPPAGE トップページ
治療コンセプト
院長の紹介
ご予約・診療時間
アクセス
バーチャル・クリニック
歯周病治療
インプラント治療
審美修復治療
ホワイトニング
  根管治療
   
内 藤 歯 科
豊川市麻生田町大荒子2-1
TEL
 0533-84-8000
スマートフォンから内藤歯科に電話
 
【診療時間】
午前 AM9:00〜PM12:00
午後 PM2:00〜PM7:00
 ※受付はPM6:30まで
 ※土曜日のみPM5:00(受付4:30まで)

【休診日】
木曜日・日曜日・祝祭日

内藤歯科 建物外観
治療事例
内藤歯科のインプラント治療事例です。

※これらは治療の一例であり、患者様の状況により、同等の治療結果が得られない場合もございます。

前歯単独欠損症例
前歯単独欠損症例 Before 前歯単独欠損症例 After
前歯・臼歯複数欠損症例
前歯・臼歯複数欠損症例 Before 前歯・臼歯複数欠損症例 After
水平的に骨のない症例
水平に骨のない症例 Before 水平に骨のない症例 After
◆水平的に骨のない症例の治療ステップ・・・GBR (Guided Bone Regeneration)による治療
STEP-1 STEP-2 STEP-3
STEP-1 STEP-2 STEP-3
横方向に骨が狭い。 横にピンを立てます。 人工骨を入れます。
STEP-4 STEP-5 これはGBRと呼ばれる治療法です。
歯周病などで骨が失われた場合に、人工骨や患者様ご自身の骨を移植することで、骨の再生を行います。
STEP-4 STEP-5
メンブレンを置きます。 側方に骨が膨らみました。
垂直的に骨のない症例
垂直的に骨のない症例 Before 垂直的に骨のない症例 After
◆垂直的に骨のない症例の治療ステップ・・・GBR (Guided Bone Regeneration)による治療
STEP-1 STEP-2
STEP-1 STEP-2
インプラントを浅めに埋入。 人工骨を入れます。
STEP-3 STEP-4
STEP-3 STEP-4
メンブレンを置きます。 遊離歯肉移植を行います。
上顎洞との距離が不足している症例
上顎洞との距離が不足している症例 Before 上顎洞との距離が不足している症例 After
◆上記症例の診断画像◆
診断画像 その1
診断画像 その2
右上部分において上顎洞との距離が不足していたため、ラテラル・ウインドウテクニックにより、上顎洞挙上を行った症例です。より侵襲の少ない歯槽頂から、ピエゾデバイスを使用したO.S.C.法による治療も選択可能です。 
NEXT 次のページへ 「イメージVIDEO」
インプラントTOP 治療の流れ 治療事例 イメージVIDEO
このページのTOPへ